陽葵とパソコンデジタルライフ

陽葵とパソコンデジタルライフ

陽葵がパソコンについて語りますよ!

ANAアメックスカードの特徴です。

このクレジットカードで支払をすると、金額に応じてANAのマイルが付与されます。

 

まず、入会時に一般カードには1,000ポイントのボーナスマイルが付与され、ゴールドカードの場合は2,000マイルが付与されます。

通常のカード使用では、カード利用額100円毎に1マイルが付与され、ANAグループで利用すると一般カードでポイント1.5倍、ゴールドカードでポイントが2倍になります。入会キャンペーンでは、入会後1ヶ月間は、これらの獲得ポイントが倍になります。

電気料金などの公共料金やETC費用をこのカードで支払うようにするとポイントが付くキャンペーンもあります。

 

これらポイントは、ポイント移行コース(年会費5,250円)に登録すると、無期限になります。

年会費は、一般カードが7,350円、ゴールドカードが32,550円ですので、高額な部類の設定になっていますが、それだけ補償やサービス、割引、優待特典が充実しています。

 

詳しくはこちらのサイトで。

続きを読む≫ 2012/08/23 21:37:23 ブログ

現在の受験のシステムはどうしても競争です。これは私は仕方がないと思っています。

なぜなら学生時代に競争意識を高めることは、社会に出てから役に立つからです。

 

むしろ学生時代に身体に覚えこませておかないといけません。社会人になってからのほうが競争社会が激しいのです。

 

出世などは競争の結果なのではないでしょうか。競争をするから利益が上がり、自らの向上につながるのです。それを最近は教育界で否定する動きになっていますが、まったく反対です。どんどん競争させなくてはいけません。

そして競争に負けた子を落ち込ませない教育が必要なのです。

 

競争に勝っていく子はその先、放っておいても伸びていきます。教育は競争に落ちて行く子を救っていくことだと思います。

落ちて行く子を出さないために競争的な教育を否定する、ということはまったくのまちがいです。

 

ゆとり教育が大きな失敗だったのは明確です。もっと子どもに競争心を芽生えさせる教育をしっかりやってほしいと思います。

 

進学塾の選び方

進学塾選びのポイント、選び方をまとめています。

続きを読む≫ 2012/04/13 17:43:13 ブログ

私は高校生のときは、ずっと教員を目指していたのに両親の反対で断念せざるを得なくなり、しぶしぶ学習塾のアルバイトをやっていました。それがどんどんはまってしまい、結果的に就職もそのまま学習塾の講師としての採用となりました。

 

最初にアルバイトをしていた学習塾ではありませんが、準大手の学習塾の採用試験を受けて合格できました。その採用試験とは、その学習塾の経営者たちの前で模擬授業をするというものでした。

事前に課題が与えられました。私がもらった課題は中学2年生の英語の、不定詞という単元でした。もともと大学も外国語大学でしたので、英語に関しては自信を持っていました。ある程度頭の中で授業を組み立てていざ臨みました。

 

生徒役の社員が5人ほどいました。私が授業を始めると、席を立ったりしゃべりはじめました。これも試験の一環だったのです。突発的なことにどう対処するかのチェックだったのです。子どもをしかるという想定はしていなかったのであたふたしてしまいました。

なんとか合格できましたが、自分としては不満な試験でした。

 

個別指導塾の選び方

学習塾のなかでも、集団授業ではなく生徒を個別に指導する個別指導塾。個別指導塾とは?

続きを読む≫ 2012/04/06 17:34:06 ブログ

大学生になってから初めてやったアルバイトは学習塾の講師でした。もともと教えることが好きで、教員になる夢を持っていましたので、アルバイトといえど完全に適職だったと思います。

 

私がアルバイトをしたのはこじんまりとしていましたが、県内に5か所ほど教室を持つ学習塾でした。個別指導のスタイルの教室を担当しました。

私ひとりで最大4人を見る授業でした。ひとりひとりの座席はパーテーションで区切られ、完全にプライベートな個室のようでした。

 

通路側だけが開いており、私が指導を順番にしていくという形でした。当時は私は19歳や20歳の頃だったので、生徒との年の差も5歳ほどしかありませんでした。

ですから授業以外の時は話がはずみました。趣味のことやスポーツの事をいろいろ子どもたちと話した覚えがあります。とても楽しい仕事でした。

 

しかし残念なことに経営状態の悪化で2年ほどで閉鎖されてしまいました。私は幸いにもほかの塾で採用されましたが、正社員で働いていた人はかわいそうでした。

全然ちがう業種に転職していきました。授業力もあって魅力的な先輩の先生方と別れてしまったのは残念でしたが、若い時に唯一楽しんでやることのできたアルバイトでした。

 

学習塾の選び方

お子さんの性格やライフスタイル、塾通いの目的などと照らし合わせて、ピッタリの学習塾を選びましょう。

続きを読む≫ 2012/04/03 17:31:03 ブログ

小学校の頃から私は教員になることが夢でした。小学校の先生になりたいと、卒業アルバムに書いた覚えがあります。高校に入ってからもその夢は変わりませんでした。

しかし突然両親の反対に合いました。これからの時代は教員は大変な目にあう、というのが両親の理由です。

 

私の両親はとても厳格な人だったので逆らうことは許されませんでした。しかし私は最後まで説得しようと必死で勉強しました。教育大学に入れるレベルだと試験で証明したかったのです。

模擬試験での結果を見せて納得させたかったのですが、もやもやした中で受験勉強をしていたので、なかなか点数に結び付かず両親を説得できるような点数は取ることができませんでした。

 

なぜあのとき両親は私が教員になることを反対したのかがわかりませんが、最近の学校の先生への風当たりを見ると、両親の言ったとおりになって驚いています。両親の言うことは聞いておくべきだなと改めて今思っているところです。

 

-PR-プロ家庭教師

家庭教師は、「勉強を教えてくれる人なら誰でも良い」わけではありません。

お子さんの目的や苦手科目などにあわせて、ピッタリの「プロ家庭教師」を選びましょう。

続きを読む≫ 2012/03/31 17:27:31 ブログ

私は将来海外で日本語講師として働きたいと思っています。簡単なことではないことは十分分かっています。しかし夢をあきらめきれないでいます。

テレビで日本人が、外国人の子どもに習字を教えている映像を見たことがありました。そのとき私はこれだ、と思いました。

 

もともと教員を目指していたのですが、両親の反対に合い断念しました。それでも教育関係の道には進みたかったのです。

現在はアルバイトをしながらコツコツとお金を貯めています。通信講座ですが日本語教師養成講座の勉強もしています。

 

希望としてはカナダやオーストラリアで教えてみたいのですが、アジアでもかまいません。あまりに治安が悪い国は勘弁してほしいのですが、どこでも場所は問いません。

なんとか夢を実現して外国人の子どもに囲まれながら仕事ができたら、最高の幸せだと思います。そのためにも毎日の勉強を今がんばっているところです。

来月は試験があるので絶対に合格してやるという意気込みで臨みます。

 

トライ式高等学院

通信制高校の卒業を支援するサポート校、家庭教師のトライのトライグループが運営する「トライ式高等学院」が注目を集めています。

続きを読む≫ 2012/03/29 17:23:29 ブログ

キャッシュレスが当たり前となっている今日、クレジットカードは必要なアイテムとなっています。特にネットではクレジットカードでなければ決済できないシステムもありますし、日常の買い物でも家計簿代わりに使うことも珍しいことではなくなってきています。

 

そんなクレジットカードの付加価値として人気なのが、貯まったポイントをマイレージに交換し、無料で旅行することです。中でもANAとアメリカン・エキスプレスが提携しているANAアメックスカードは、2009年10月発行と、まだ新しいカードながら、「最もマイルが貯まるクレジットカード」として評価されています。入会時にプレゼントされるボーナスマイル、獲得ポイント大幅UPのチャンスとなる数々のキャンペーンなど、付加価値にさらなる付加価値が付き、お得感いっぱいです。

 

詳しくはこちらで → ANAアメックスカード

続きを読む≫ 2012/02/02 01:37:02 ブログ

いつもいく大好きなカフェに友だちと行きました。もちろん私推しで。

 

わたし:「モスは立派なカフェです!」

友人:「カフェといえばスタバ!!モスはファーストフード」

 

でも行ったことないとのことで連れて来ちゃいました。おいしいんですよ、ここ。

わたしはいつもの抹茶ラテを注文して友人はコーヒーと初めてとのことでモスバーガーを注文。それから季節限定パフェ。意外にノリ気・・・。それからテーブルでゆっくり食べて。なんせ3つも頼みましたものね。おいしそうだったので途中わたしもすこしいただきました・・・美味い。

このトマトがなんとも好きだったりします。話がいつのまにかモスモスになっていて面白かった。帰るころには友人もモスを気に入ってくれたようでよかったです。家に帰って相方さんにその話をしたら相方さんも食べたかったそう・・・しまった、買って来てよかったんだと思いつつ、今度ね。忘れずに。

 

それから今日もお互い自分の時間で解散。四六時中いつも一緒に居ることに違和感をお互い感じれるのは意見が合っててよかったなって今でも思いつつ。若いからってベタベタし過ぎって違うよなぁ・・・って。適度な距離感は必要なんじゃないかと思います。これからも尊重し合える素の仲でこの人とはいたいです。

 

明日の準備も終わって、相方さんも自由な時間が出来たみたいなんでわたしもやること片づけてから久しぶりに外の公園で話しました。10分ぐらい・・・・・・短い・・・けどそのぐらいが私もちょうどいい。東京と比べてここは落ちつくそう。東京よりはずっと田舎だからね・・・そう思ってもらえて田舎も喜んでるよ(と思う)。こんどは親も連れてこようね。

続きを読む≫ 2011/11/10 22:46:10 ブログ

ルアーフィッシングの話。最近ほぼ毎週釣りに行っている。場所は多摩川、ターゲットはナマズとブラックバス。ちなみに多摩川中流域にいるバスはほとんどが「スモールマウスバス」という種類だ。

 

ナマズは夜行性で夜の方が釣れるので、いつも深夜に出発してまずナマズを狙い、明るくなったらバスを狙うというパターン。

先週は、長いルアーフィッシング人生の中でも1、2を争う程のうれしい釣果だった。

土曜深夜24時半、最初のナマズポイントに到着。1時間ほど釣り歩くがアタリなし。数日前の雨の影響で増水気味で流れが速くこれ以上期待できないので早々切り上げ、2つ目のポイントへ移動。やはり1時間ほど釣り歩くがアタリなし。3つ目のポイントへ。やっとアタリが2回ほどあったが乗らず、ナマズの部終了の時間となってしまった。

さて、気を取り直してバスのポイントへ移動し、バスの部開始。2時間ほどで小さい(20〜24cm)ながら3匹をゲットできた。その後2つめのポイントへ移動し、先ほどと同じサイズを1匹追加。

 

そろそろ終了にしようかと思っていた8時半ごろ、これまでの4匹とは明らかに違う引きの魚がヒット!すっげー走る!でかい!数分の格闘を経てゲットしたバスは、人生で10匹も釣ったことない40オーバー!42cmだった。

 

当然止められなくなり、睡眠時間を削ることを覚悟して釣りを続行。小さいサイズを3匹追加し、今度こそ終了にしようかと思っていた10時ちょっと前、またしても大物ヒット!先ほどの42cmよりは比較的簡単にゲットできた。が、明らかに42cmより大きい!測ってみると、なんと自己最高レコードの46cmを上回る47cm!! つまり最高レコードを更新してしまった!

 

さすがにその後10分だけやって、小さいのを1匹追加したところで終了とした。合計ジャスト10匹。

多摩川での40オーバーも「初」、スモールマウスバスの40オーバーも「初」、1日に2本の40オーバーも「初」という、何ともうれしい結果の1日だった。いやー、やめられません!

続きを読む≫ 2011/11/09 22:42:09 ブログ

最近京王線千歳烏山駅にある図書館にちょくちょく行くのだが、とても気になっている団体がいます。

 

それはアンケートおばさん。千歳烏山駅は線路を挟んで南北に商店街が広がっているのですが、南北どちら側にも、そしてどの通りにもまんべんなくアンケートおばさんがいて、

「すみません。アンケートいかがですか?お答えいただくと図書券をお渡ししています。」と道行く人々に声をかけています。

 

私は元来外国旅行に行っても道を聞かれるくらい、話しかけやすいオーラ(カモオーラ?)を出しているらしく、アンケートおばさんたちにももれなく声を掛けられます。

 

ひどいときには数メートル単位で声をかけられるので、かなりイラッとするのですが、それよりもなによりも、あのおばさまたちの正体がすごく気になります。

 

おそらくパートのおばさまたちだとは思うのですが、ネットのアンケートモニターがこれだけ普及している時代に、たった一回の街頭アンケートで500円図書券がもらえるの制度をとる会社って。。。。

 

めちゃくちゃ怪しくないですか?サプライズですよね。

 

ネットのアンケートモニターなんて20回くらい回答してやっと500円貯まるのに。

どこぞの宗教か、占いか、悪徳商法に連れて行かれるのではないかとうがった目でみてしまいます。

 

なので、おばさまにつかまってお話をきいてあげている人(だいたいやさしそうな女性)をみると、勝手ながら助けてあげたくなってしまうのですが、もし本当に普通のアンケートで500円モラエルだけなら逆に申し訳ないし、かなり葛藤してしまいます。

渋谷のキャッチのおにいさんに絡まれている女の子は何度か助けてあげていますけどね(笑)

 

それにしても、あのアンケートおばさんたち。

いつ行っても必ずいるんですよ。本当に本当に謎です。

続きを読む≫ 2011/10/27 22:45:27 ブログ